2011年12月31日土曜日

ブログを始めた理由

ひとつ階段をのぼって、やっと一息つけるかな  と思った瞬間、突如目の前に巨大な壁が現れる...そんな1年だった。

もう、やめてしまおう、何度も思った。
この年で、新しい事を始めるなんて、無謀なんだと。

でも、壁を前に立ちすくんでいる時、必ず誰かが現れた。
そして助けてくれた。
励ましてくれた。
叱ってくれた。

事業計画書とも言えない落書きのようなものを見て、それでも応援してくれたKさん、K社長、NBCの皆様、Tさん、K先輩。 皆様がいなければ、途中であきらめていました。

”社会に必要とされる会社にしたい”と伝えたとき、経理面でのサポートを申し出てくれたS先輩。
”絶対成功する!”と励ましてくださった司法書士のT先生。
三人でミーティングをした東京駅地下街のコーヒーショップは、この会社の原点です。

大学ベンチャーの認定を得るのに苦労していた時、”あせらないで階段を一段一段登っていくように”と法律面でのアドバイスをしてくださったAちゃんパパ(偉い弁護士さんです)。

心配しつつ、支えてくれた友人たち。

千葉市ベンチャーカップ準グランプリ、ひまわり育成基金、千葉元気印大賞奨励賞、千葉大学地域社会貢献賞など、身に余る賞を頂けたのも、千葉市産業振興財団をはじめ、関係者の皆様のお陰です。

お取引先にも恵まれた1年だった。
こんな立ち上げ間もないベンチャーにプロジェクトを依頼して下さったおかげで、会社の基礎を作る事が出来ました。チームの一員のように大切にしてくださり、楽しく仕事をさせていただきましたこと、感謝しています。

そして家族。
こうして好き勝手な事をやっていられるのも家族のおかげです。
また、病気をした家族を救ってくれた優秀で心優しい医師たち。

ここには書ききれないほど、沢山の人が力を貸してくれた。
言葉では照れくさくて言えない、感謝の気持ちを伝えたくて、ブログを始めました。

ただ、大震災で亡くなった方、いまだ苦しんでいる方を思うと、言葉がありません。
そして家族の入院で知った、社会のもう一つの側面。
世の中が浮かれている瞬間も、病気と向き合っていらっしゃる方々。

生かされている事が奇跡なのではないかと知った一年でもありました。
ありがとうございました。

3 件のコメント:

  1. 物理学におけるデータの可視化は、昔からのグラフ化を超えた高度な可視化が可能になり、新しい知見が得られるようになりました。
     デザイン心理学は、教育のデジタル化にも役立ちそうですね。

    返信削除
  2. 木村さん、驚きました!コメントに今気がついて、申し訳ないです!
    お元気ですか?いつもお会いしたいと思いつつ、時間だけがたっています。木村さんがさらにご立派になられたと伺っています。
    ぜひ近いうちにお目にかかりたいと思っています。
    コメントありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. コメントへの返信、ありがとうございます。
      僕の方も、普段は友人関係のホームページを見る余裕がありません。
      年末、年賀状を書いていて、思い出したページを見ています。
      いつか日比野教授に、可視化の効果について聞きたいと思っています。

      削除

ほぼ日ノオト が誕生します