2015年3月17日火曜日

春が近づいてくる予感  埼玉りそな銀行武蔵浦和支店 

一つ山を乗り越えました。

埼玉りそな銀行 武蔵浦和支店が昨日リニューアルオープン。

弊社は、
 音環境設計(感覚的待ち時間の短縮)と
 光設計(人間のサーカディアンリズムを考慮し、時間やゾーンで変わる調光調色)
   を担当しました。

オープンに立ち会うために、朝4時起床。
意識朦朧とする中、涼平(同じく、意識朦朧)を散歩させ、夜が明けない中、埼玉へ。

オープン前の朝礼で、役員の方が
  ”デザイン心理学をはじめ、多くの方にご協力いただいた新店舗。
  それに恥じないようにお客様へのサービスを” とおっしゃってくださり...。

「銀行の偉い方が、デザイン心理学 という言葉を使ってくださった」
....ふと、起業からこれまでの道のりを振り返ってしまいました。

感謝の言葉以外、見当たりません。

銀行の方はもちろん、電気工事の方、内装工事の方、お掃除の方、多くの方が限られた時間の中で、それぞれ自分の役割を必死に果たす姿。
そして一つのものを作り上げていく素晴らしさ。

人間はなんらかの役割を背負って懸命に生きているんだなと。
それは外で働く人だけでなくて、この世に生まれてきた人は皆、同じなんだろうなと。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
基幹店舗に、弊社のようなベンチャーを採用してくださることは、大変なご決断だったと思います。
8月の第二弾に向けて、また頑張ります!
  (実は同店にて、新たな仕掛けを準備中です!)

PS
やはりオチは必要かと。
昨日はマスコミはじめ、多くの方と名刺交換。

え〜、その中で、直前に交換した一番偉い方の名刺を、記者さんに差し出しそうになるという大失態を...。
慌ててひっこめましたが、記者さんの噛み殺した笑いが忘れられない。








2015年1月26日月曜日

京都 島津製作所様 Science Plaza  & 京都広告産業研究会

京都 島津製作所 Science Plaza が開設されました。

島津製作所の最先端の分析機器、技術が
社会にどう還元されているかをご紹介するショールームです。
https://www.data-box.jp/pdir/727894a816ae4ae9ad04b6d9b487ba84



弊社もお手伝いをさせていただきました。


京都の伝統、文化、そしてノーベル賞を冠する最先端の技術

ともすれば一見相反するものを、ご来場者に心地よく体感頂くにはどうすれば良いか?

心理的な知見をベースに、音環境の構築と光の設計をさせていただきました。

そのご縁もあり、
先週、

京都広告産業研究会にて
「デザイン心理学に基づいた新たなマーケティング手法と活用事例」というタイトルで
講演をさせていただきました。

京都の名だたる企業様が揃う中、拙いお話しかできませんでしたが、
皆様があたたかく迎えてくださり、感謝しています。

島津製作所および島津アドコムの皆様、ありがとうございました。



帰りの新幹線乗り場でお抹茶&和菓子


PS
関西ではオチがない話はNGとのことなので、恥をしのんで....。

この時期、マスクは必需品!
出張当日の朝、慌てて手に取りいざ出発

その日は新幹線が大混乱、皆が殺気立っている中
なぜか、みーんな私を見る目が優しいわ〜♩と自惚れていたところ
原因はこれだったんですね...泣きたい。



給食当番マスクやん!!



2015年1月17日土曜日

誓う

今から何年前になるのだろう。
10年ほど前になるのだろうか。

寒い季節、ちょうど今日のような日だった。

仕事関係の食事会で、何社かの企業の方々と円卓を囲んでいたときのことだった。
和やかな雰囲気で会が進む中、自然と阪神淡路大震災の話になった。

メンバーの中に、震災を経験した方がいらした。

 朝起きると、廃墟のようになった街に
 小さな男の子がパジャマ姿で呆然と立ち尽くしていたと。

皆が真剣に話に聞き入っていると
突然、”すみません”と中座され、しばらく戻っていらっしゃらなかった。

当時の私には
死とか、災害とか、別世界の出来事でしかなかったのかもしれない。

大企業の人事部長、いつも堂々としていらした方
その方が、突然声をつまらせ、中座したことが私には衝撃だった。
震災から何年もたち、その方ご自身は被害を免れたのに
これほど大きな傷跡を残すものなのかと。

震災から20年。

その方がこらえた涙
真っ白なテーブルクロス

その光景がいまも思い浮かぶ

パジャマ姿で立ち尽くしていた男の子は
元気でいるのだろうか。

人は自然の力にはかなわない
けれど、それぞれの英知を結集して、前に進んでいかなければいけないのだろう。

亡くなった方へ手をあわせ
そして
会社として、災害から一人でも多くの方を救う仕事をする。













2015年1月5日月曜日

フジサンケイビジネスアイに掲載していただきました

 今日から仕事始めです
 写真が少ないブログだ!と叱られました。
新年早々ですが、昨年末からの写真を少しアップしたいと思います。

12月3日
新日本有限責任監査法人主催WWN2周年イベント 
女性起業家の活躍と成長を目指して
というタイトルでプレゼンテーションをさせていただきました。

緊張するとふてぶてしくなるという妙な癖があるためか、
(いつもふてぶてしいだろ!というツッコミは無しで...)

ある企業の偉い方から
”日比野さん、怖いもの、ある?” と聞かれ、
”う〜ん”と言葉に詰まった自分が情けなかったです。

”鳩ですっ”と答えたら、
遠い目をしていらっしゃいました。ん?


こんな綺麗な盾もいただき

チョコレートも♩もっと食べたかった。

12月21日
グロービス大学院で行われたスタートアップ8都市協議会にてリレースピーチも。
安倍首相の奥様もいらしていました
家庭内野党というのはどうやら本当のようです。
お人柄の良さが伝わって来る方ですね。

出張も多かった昨年
夕食はビジネスホテルで蓬莱の肉まん という日も 
でも新幹線から見る富士山 本当に綺麗でした


年が明け、おせち料理
当然、全部手作りです!!
近所の中華料理屋さんの(笑)♩

なんと、うぐいすのつがいが我が家の庭に!
嬉しかったなあ
心がほっこりしました


このお二人にも癒された一年でした。
涼平、カメラを向けたら、こたつに逃げ込みました。
ったく!!

庭のデッキで生活している猫ちゃん
座布団ヒーターがお気に入りで、動きません。
かわいいな♩ また一年癒してね��
房総の海にも ...  海、また行きたいな。

で、今日から仕事始め。
フジサンケイビジネスアイに掲載していただきました。
こんなベンチャーを取り上げていただき、心から感謝しています。

福岡の母に ”お母さん、私、新聞に載ったんよ”と連絡したところ
”な、何、しでかしたんっ!!”
娘を信じてない母親です。

昔から、保育園が始まる日とか、学校の初日
お腹が痛いとか嘘言って、暴れていました。

今、暴れても誰も止めてくれないので、今日から頑張って仕事します。

どんな一年になるんだろう。





2015年1月3日土曜日

走り続けるということ


人は、
”走る姿” に、人生を重ねるのかもしれない。

 歯を食いしばりながらゴールを夢見た自分
 途中で力尽きてしまった自分
 結果が出せなかった自分

トップでゴールを切る姿は素晴らしい
後方で黙々と走り続けている姿にも心が震える

昨年末、出張先のビジネスホテルでふと考えた。

  こんな時間まで、夕食もとれずに、年末年始の華やぎとは無縁で
  私は何をやってるんだろう と。
    (ちなみに夕食は肉まん&氷結 美味しかったです♩ 笑)

同時期に起業した仲間が次々に廃業していく中、
BBSTONEが生き残っていること
これは何か目に見えない力が働いているとしか思えません。

これが何かはわからないけれど...
私には走り続ける責任がある
 
周囲からの猛反発 ”研究をお金に変えるのか” そんな逆風の中で
無謀にも大学工学部初のベンチャーを一人立ち上げようとしたこと

そんな中でも、助けてくださった方、技術顧問、研究員がいたこと
デザイン心理学は、挫折の中から生まれた研究だと、起業後に知ったこと

 BBSTONEを選んでくださったクライアント様への感謝


 研究を社会に役立て、誰かのお役に立つ事



これができないようであれば、会社をたたもうと思う。

それだけが私が走る原動力
それ以外、何もないのだと強く思った。

新しい一年が始まりました。

まだまだ未熟ですが、研究というたすきを社会につなげられるよう
誠心誠意頑張ろうと思います。

2014年11月24日月曜日

茶色へ

雨の夜、ふらふらになりながら、お別れを言いに来てくれた。

命あるものは必ず死ぬ。

あなたが亡くなったから悲しんでいるんじゃないよ。
全くなついてくれなかったけど、
最後にうちを思い出して、たどりついてくれたこと
いじらしくて、可愛くて。

この冬は厳しいだろうなと、あたたかい寝床を二つ用意しておいて良かった。

弱って行くあなたに、何もしてあげられなかったけど
背中をなでてあげたら、少し嬉しそうな目をしたね。
誰からもなでられた事がなかったかと思うと、手をとめるわけにはいかなかった。

元気な頃は、大きくて、目つきがするどくて、怖かった。
私は犬派で猫は苦手。
震災後に保護した白い猫ちゃんに情が移ってしまい...
そのボーイフレンドがあなただったけど、他にも彼女がいると近所の人に聞いて、腹を立てたりした(笑)。

でも、眠っているあなたは、ぬいぐるみのように愛らしくて、胸の毛が真っ白で。
本当にかわいい子だったんだね。

葬儀屋さんに電話をしたとき、名前と年齢を聞かれて、絶句した。
好きなおもちゃを棺に入れてくださいと言われて、涙が出た。
おもちゃも持っていないし、おもちゃで遊んだ事なんか、ないよね。
名前だって、”茶色”としか呼んでなかった。

あなたはどこで生まれて、小さい頃はどんな顔だったんだろうね。

厳しい冬を何度乗り越えたんだろうね。

整然とした住宅街。
ゴミ一つ落ちていない街。

そんなものは嘘だと思う。

健康な人もいれば、そうでない人もいて。
ケンカしてる犬もいれば、あなたのような猫ものんびり昼寝して。

いろんな生き物がいろんな価値観を持って、時にぶつかりあいながら、でも、自然と肩を寄せ合って生きて行く
そのほうがほっとするよね。

規格外のものを排除する、役に立たないものを疎ましく思う
ベルトコンベアーのような社会は、息がつまる。

小さい頃、隠れ家と称した神社の一画に、
子犬をかくまって、家から食べ物を持って行ったりしたな。
ミルクを飲む様が、未だに忘れられない。
自分が動物を好きになったのではなくて、
動物からその暖かさ、かわいさ、命の強さ、儚さを教えてもらった。
勉強したって、人から教えられたって、分かるものじゃない。
言葉を持たない生き物も、懸命に生きてるんだと...その体温から、学んだ。

茶色、生まれ変わったら、まっすぐにうちにおいで。

雨の中、苦しい中、本当によく来てくれた。

もう寒い思いも、寂しい思いもしなくていいから。

お骨になって戻って来てくれたあなたは、あまりにも小さくて軽くて...言葉が出なかった。
もううちの子だから。



元気な頃

オリーブの木の下で

猫ちゃん(白)と昼寝












2014年10月27日月曜日

PRESIDENTに掲載されました

弊社技術顧問のインタビュー記事が本日発売の雑誌 PRESIDENT に掲載されました。

心理学が解明 「一度見たら忘れられないレイアウト」
 フォント、字間、行間、色使い....パワポ資料をチェック
   1シートに使っていい色の数は? 眼球運動の掟 



プレジデントでもない技術顧問が、
プレジデントである私を差し置いて
プレジデントに掲載されるとは

ナニゴトだっ!! 

っと 大暴れしました...というのは嘘で



このような素晴らしい雑誌にデザイン心理学を取り上げて頂きましたこと
感謝申し上げます。