2012年2月11日土曜日

想いが形に

経営なんて全然わからない私が起業を決意した理由.. それは高齢者や情報弱者を置いてけぼりにするテクノロジーの進化を許す社会への怒りのようなものだった。
若くて健康な人だけが便利さを享受する世界、おかしいやん!って。
高齢者向けとされる製品は、文字が大きく、ボタンが大きく、機能が少なく。
デザイン的にも???
年取ったんだから、しょうがないやん、これでも使っとけば? と製品がうっすら笑ってるような。

1年前、ダイキン工業の方が関西からはるばる研究室を訪ねて来てくれた。
うちの会社なんて、ダイキンさんに比べたら、巨像とミドリムシ、ピラミッドと砂粒のようなもの。緊張した。

でも、びっくりした。話をしているうちに、初対面なのに、考えている方向性が同じだった。
”人に聞かずに使えるリモコンを作りたい” 

機械操作が苦手な人が楽に使えるリモコン
苦手な操作をそっとカバーしてあげるような
真に使う人の目線にたった製品を作りたい

プロジェクト途中で、震災が発生、また今までとは全く違った製品を生み出す苦労、決して容易なものではなかった。
調査、実験検証、いくつもの階段を乗り越えて出来上がった、新型リモコン。
最終検証は眼球運動測定。 機械操作が苦手な方がすいすいと操作をこなしていく。
背中が粟立つのを感じた。

仕事をさせていただいたから言う訳ではないが、ダイキン工業のものづくりは素晴らしい。
何がこんなにも彼らを動かすのだろうか。
その目線の先には、使う人 がいる。

先日、ダイキン社の空気清浄機が回収されるという出来事があった。
あるカスタマーのツイート。
  ダイキンの空気清浄機リコールも、使用者が喫煙所で手入れもせずに使い続けたのが問題らしい。
  17万台中2台。それで最新機種との無償交換とは…。
  カスタマーを想う企業姿勢、どこぞの企業も政治屋も見習って欲しいもんだ。
同感だ。

無事に製品発表も終わり、ほっとしているところです。
千葉市の熊谷市長も会見、製品への感想をブログで書いて下さった。
http://kumagai-chiba.seesaa.net/article/251464728.html#comment

私が一生を終えるとき、このプロジェクトが頭をよぎると思う。
素晴らしい人たちに支えられ、想いのこもった製品作りのお手伝いが出来た事、感謝します。
製品発表の夜、犬の散歩をしながら、少し涙が出た。
文化祭が終わったような寂しさ、祭りの後の寂しさ。

新しい扉が開かれる瞬間に立ち会う事が出来た感動。

しあわせだった。

4 件のコメント:

  1. コメントできるかな?初コメントです。
    巨像とミドリムシ、うまい!座布団一枚!です。
    そしてすばらしい仕事にも座布団…どっさりです。
    応援しています~!

    返信削除
    返信
    1. KAO坊、ごめ〜〜〜ん、今、コメントに気がついた!!許して!こんなブログ、誰も読んでくれていないと思っていたので、コメント欄をチェックしてなかった。
      座布団ありがとう♩ 上から転げ落ちないよう、頑張りますね。
      ファチマによろしく♩

      削除
  2. うちの患者さんでダイキンの方がいらっしゃいます。
    数年前に、かなりの自信を持って空気清浄機をお勧めされたので待合室用に1台購入し、今も使っております。
    先日の治療の時に門司さんのことを話しました。 ダイキンは使う人が快適に使えることを常に考えているという気風の会社だそうです。なのでリモコンの使い勝手ということにもこだわりを持ってるんでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. ヨシダさん(なんか、言いづらいけど 笑)、ごめ〜〜ん、今、コメントに気がついたんです。読んでくれてありがとう。
      お仕事をしたから言う訳ではないですが、本当にダイキンさんは使う人の目線に立ってものづくりをされています。1年近く一緒に仕事をさせて頂いたものとしての心からの言葉です。あんなに大きな会社なのに、それにあぐらをかくことなく、とにかく一生懸命使う人の事を考えているんです。頭が下がりました。
      今度はラクエアを病院で100台くらい購入してね♩

      削除

ほぼ日ノオト が誕生します